姑と一緒におせちを手作り、味付けや入れる料理に驚きつつも豪華なおせちが完成

今年初めておせち作りを手伝いました。いつもは姑とおばあちゃんとで作っていたみたいなのですが、今年はおばあちゃんの体調が悪く寝込んでいたので代わりに手伝って欲しいと言われ、私が姑と作ることになりました。結婚して初めて迎えるお正月で結婚する前は全て母が作っていたので、手伝ったこともありませんでした。

作るお重は2セット!大量に手作りする姑のおせち料理に驚き

緊張しながらも一緒に買い物に行き、おせち作りを初めました。家庭によって入れるものや入れないものもあるということだったので、楽しみな部分もありましたが、いざ作り出して本当にびっくりしました。
姑は全てのものを大量に作るのです。そしてお重も大きいのが2つもあったのです。

1つはどこかにあげるんですか?と聞くと、あげないけど毎年2つ作らないと足りないからと言うのです。「へ~」と思いながらも作業をはじめました。何をしたらいいですか?と聞くと筑前煮をお願いしていいかなと言われました。筑前煮は私の大好物で、作り方もこれは結婚する前に母に聞いて普段も作っていたので私が担当しました。

味を見てもらうと、美味しいと褒めてもらいました。母の味を褒めてもらえた気がして、とても嬉しかったです。

栗きんとんなし?!栗きんとんの代わりに入れる桑の実は味がしない…

ブリの照り焼きも私が担当したのですが、こちらは実家のやり方とは違い、焼くだけで、タレは別で置いといてもらえる?と言われました。そしてそのまま焼くのではなく、一口サイズに切ってから焼いてと言われました。タレは別で食べる時につけるからと言われました。そうでないと漬けたままだと味が濃くなりすぎるから、と言われてなるほどと思いました。

何より残念だったのが、私の大好きな栗きんとんは旦那の実家では入れずに桑の実を代わりに入れていたことです。私の実家では桑の実は入れてないです。どんな味なんですか?と言うと、味見をさせてくれたのですが何も味がせず正直本当に飾りみたいなものだなと思いました。

驚くことも多い姑のおせち作り、でも旦那の家庭の味がわかって良かった

だし巻き卵も、今年は私が作るから味付けを覚えて来年は作ってねと言われました。こちらも本当に柔らかくて冷めても美味しかったです。ほとんど姑が作ってくれて私は詰める担当のような感じでしたが、とても美味しそうにそして豪華なものができたので姑と大満足でした。

今回姑と一緒におせちを作れて本当に良かったなと思いました。おせち作りを通して姑と色んな話もできましたし、旦那の家庭の味を教えてもらうこともでき、姑との仲がおせち作りを通して深まったような気がしたのでとても思い出に残る私の初めてのおせち作り体験でした。